古賀毅の講義サポート 2021-2022

Théorie et pratique d’enseignement moral

道徳教育の理論と実践 


千葉工業大学工学部・情報科学部・社会システム科学部 教職科目
後期 火曜910 17 :00-19 :00  津田沼キャンパス 623教室


講義サポート トップ
2021(令和3)年度 教職科目における指導・評定指針

2021910月の授業予定
9
28日 開講にあたって/道徳教育の目標と実施枠組
10
5日 思想・哲学・宗教・社会からみた道徳と道徳教育
10
12日 発達からみた道徳と道徳教育
10
19日 社会変化と現代倫理
10
26日 学習指導要領における道徳(1):主として自分自身に関すること


開講にあたって

道徳教育は古くて、新しい分野です。道徳(moral)は人間が人間であるために不可欠のものとして、古来それぞれの地域や共同体の中にありましたし、それを次世代に受け継ぐための教育らしきものも当然ありました。近代に入り公教育が出現すると、その教育課程の中に道徳教育moral education)が組み込まれます。道徳が重要であるということは変わらないが、その中身や目的が変わり、またウツワ(枠組)が変わりました。そして現在、道徳教育そのものは必要だとおおむね考えられているが、社会のありようが大きく変化する中で、その中身や目的がそのままでよいのか、もっと今日的な問題に向き合うべきではないのかという議論が起こっています。一方で、政治やイデオロギー、宗教観といったものに根ざして、道徳教育に対する基本的な考え方自体が論争の的となり、いまもやむことがありません。児童・生徒の視点では、好きか嫌いかは別にして、学校に道徳という授業があってそれらしいことを学ぶのは当たり前だと思っていたのではないかと思いますが、他の教職科目と同じように、ここでも当たり前でなじみのある対象を突き放し、客観的・論理的な文脈に載せ替えて、教師をめざす立場で(つまり道徳を指導する側の視点で)捉えなおしてみることにしましょう。

すでに教育課程論で確認したように、現在の教育課程では、小・中学校においては特別の教科 道徳が置かれ、道徳教育のコアとすることが定められています。中学校では教科・総合的な学習の時間・特別活動と並置される領域ですので、中学校教諭1種免許状(本学では数学・理科)の取得をめざすならば、その指導についての専門性を身につけるのが必須になります。一方、高等学校の教育課程には道徳の設定がないのですが、しかし学校の教育活動全体を通じて道徳性の育成を図るという全面主義道徳教育の原則が総則の冒頭に明記されていて、特別の教科はないが、教師として道徳教育について熟知することはここでも求められます。法令上、この道徳教育の理論と実践は、中学校免許の希望者には必修、高等学校免許希望者には選択という扱いになります。それらを踏まえて、当科目では中学校の道徳教育に焦点化し、中学生への指導ということを中心に考察、議論していくことにします。

かつての教職課程(1990年代まで)では、道徳とは、道徳教育とは何かという理論的な部分への理解が強く求められていましたが、2000年代に入るころから実践的なスキルの習得が強調されるようになってきています。本学の教職課程でも、道徳教育の研究といっていた科目名を、2016年度入学生より現在のものに変更しました。全面主義道徳教育から特別の教科へという変化もありますし、社会変化や児童・生徒の生活環境の変化もあリ(たとえばIT化)、深刻なまま学校の中に固着してしまったいじめなどへの対応もあって、未来の教師には道徳教育を「考える」だけでなく、「実践する」ところまで意識を移動させたいという国の意図が背景にあります。教科と異なり、受講生がそれを専門としているわけではなく、またそこに充てる時間も圧倒的に少ないのですが、重要な分野であることに異論はないでしょうし、この分野への専門性を深めることは、狭義の道徳教育だけでなく、中学校や高等学校の教育そのものへの専門的な見通しや実践力に直結することであることも論を待ちません。

当科目では、最初に人間・社会における道徳の問題を概観します。つづいて中学校学習指導要領(第3章)に沿って道徳教育の具体的な目標・内容や留意点などを考察します。さらには実践編として、学習指導要領にもとづいた中学校の特別の教科 道徳の授業プランや教材の作成について、全員で議論し、検討します。第12回・第13回は、草野滋之教授の担当で、青少年教育、生涯教育、平和教育などの視点から道徳教育に関する視野の拡張を図る内容です。

<使用するテキスト>
中学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編
(文部科学省)
*ウェブ版はPDF形式で扱いづらいため、書籍版(教育出版 税別156円)の購入を勧めます。

 

当科目の評定方針

提出物、授業内での発表の内容を評定のベースとし、授業への参加のあり方を平常点として加味します。草野教授担当回の配分は20%の予定です。
出席点は一切ありません。

 

REVIEW 9/28
*文意を変えない範囲で表現・用字法を改める場合があります

開講後に掲出します



 

 

 

講義サポート トップ