SEASON 1

 

*取材: 20147月〜20154




 

 

SEASON 2  SEASON 3

メニュー、価格等は取材当時のものです。
味を含めて保証するものではありませんのでご注意ください。
またランチの設定は多く日替わりで、希望のメニューがあるかどうかは運次第です。
料理名などはお店の表記をそのまま記載しています。


梅林閣 (中山路)

定食の1 ニラレバー 税込630
ライス、スープ、春巻、レタスサラダ、杏仁豆腐がついています。値段のわりに内容充実。この店の「名物」としてわりに有名なレバニラーは、レバーたっぷりで美味しいですね。個人的にはもうちょっと強めの味つけのほうがいいように思うけど。なお、ランチではなく終日提供の「定食」なのがいい。












光龍飯店 (関帝廟通り)

お得なランチC パイコーチャーハン 税別700
チャーハンの味つけがよくパイコー(排骨 豚の骨つき肉の揚げ物)ともよくなじんでいますね。カレーの味がついています。夏場だったのでこの手のメニューはエネルギーになる!


聚英 (関帝廟通り)

本日のランチC 鶏の唐揚げ中華ソース 税込700
ライス、ザーサイつき。一般的な「唐揚げ」の形状をしていますが味つけは甘酸っぱいタレなので、いわゆる油淋鶏(ユーリンチー)にかぎりなく近いですね。スープはショウガ風味。奥さんの応対が物腰やわらかく丁寧なのに感心しました。
ぜひまた行きたい。












青海星 (市場通り)

お得セット 五目焼きそば+フカヒレ餃子+ザーサイ+スープ+杏仁豆腐 税別890
店名は「ちんはいしん」と読みます。やたらとグリーンが施された外観。日本の標準的な五目焼きそばの味かな。中華街は、とくに昼に行くと点心などをセットにするメニューがたくさん用意されていますが、このところ量を食べられないので餃子2個でもちょっとキツいかな。焼きそばだけで結構なボリュームだものね。
市場通りは中華街でも最もアジアテーストな、いっちゃうと雑然とした感じが独特です。


牡丹園 (香港路)

9年前のゼミ生たちが古賀の趣味に乗っかるというので、配偶者や子どもまで連れて集合。夏のミニ宴会になりました。会場は最強焼きそば決定戦でおじゃました牡丹園。飛び込みだったのに畳の座敷を充ててくれたので、小さな僕ちゃんものびのびと過ごせました。何を食べたかは記憶にない(汗)。












翡翠楼新館 (関帝廟通り)

五目チャーハン 税別700
表出してあるセットなどにチャーハンが目立っているので自信ありかなと思って単品を注文(この他に焼き餃子650円)。ぱらりと炒められていてたしかに美味しいですね。具はエビ、ハム、卵、ネギで「一目」足りないけど(笑)。チャーハンって、大勢で行くとかコースの一品ならいいけど、一人で中華街に行ってそれだけ頼むのは何となく躊躇があるよね。


愛群 (関帝廟通り)

五目焼きそば 税込870
店名は「あいちゅん」。目立たない小さなお店ながらあちこちでよい評判を耳にしていました。「広東家庭料理」という副題?は、「私も料理するからよ」と明るいおかみさん。イカ、エビ、チャーシュー、白菜、ニンジン、タケノコ、小松菜、キクラゲ、マッシュルームの九目で、しっとりした細麺に甘辛いアンという古きよき中華料理の王道の味。まじうま。
ビールを注文したらピリ辛の大根の漬物が供されました。












金福楼 (関帝廟通り)

本日のランチA 青椒牛肉絲(ピーマン牛肉セン切り炒め) 税込580
このほか卵入りのスープ。おかず、ごはんともに相当な量です(ボリュームで有名らしい)。町の定食屋さん風ながら味つけはとてもよい。チンジャオって普通もやし入らないよね? もやしの歯ごたえがあるので、絵柄ともどもニラレバに接近しているような気がします。
*残念ながら2014年秋に閉店してしまいました。


景徳鎮 (市場通り)

ランチメニューA 牛肉、野菜と玉子焼きの辛味炒め 税込700
激辛麻婆豆腐で知られる四川料理の有名店。辛いの大好きなんだけどひどい汗っかきなので麻婆はダメだなあ。このおかずは、たっぷりの牛肉、レンコン、赤ピーマン、フクロダケ、ニンニクの芽という変わったラインナップながら歯ごたえのバランスが絶妙。細かい豆腐の入ったスープ、大根の漬物、杏仁豆腐がついています。辛さはほどほど(でも汗かいた)。












蓬莱閣 (関帝廟通り)

ランチセット1 エビと玉子のチリソース 税込750
周囲の店に比べると地味な構えなんだけど前から気になっていました。北京料理の店なのにエビチリ、それもランチ仕様で玉子による増量と、あまり期待しないで食べてみたらけっこう美味しい。いり卵は上げ底には違いないがチリソースを含んでいいおかずになっていますね。おかずの量も多いし満足。


富筵 (関帝廟通り)

今週のサービスランチC 油淋鶏(鶏肉の唐揚げ香草ソースがけ) 税込750
店名は「ふえん」。実は訪れたのは15日。三が日のつづきで強気なのかなと思ったら普通にランチやっていて感心しました。写真の他にライスと杏仁豆腐がつきます。油淋鶏って大好きなんだけど、体調いいときでないと美味しくないんですよね。正月明けで「さー中華食うぞ」という感じだったので美味しくいただけました。












大新園 (関帝廟通り)

本日のおすすめランチ3 八宝菜(五目うま煮) 税込750
八宝菜って塩味のイメージだったのですがここのは醤油ベース。具は豚肉、エビ、ホタテ、ハチノス、イカ、タケノコ、キクラゲ、しめじ、ニンジン、青菜、白菜、ブロッコリー。小皿は揚げた白身魚のチリソース、スープは玉子とワカメとタマネギの白湯系。漬物はなぜか白菜のピクルスで、デザートは杏仁豆腐でした。豊富な食材を使っているのでコスパ高そうですね。


東園 (関帝廟通り)

五目焼きそば 税込750
「中華街で唯一の現代名工の名を持つ名店」と自称しています。中華というより日本風な感じ。焼きそばの具は豚肉(めずらしいバラ肉)、ハム、中華ハム、エビ、イカ、青菜、白菜、キクラゲ、タケノコ、ニンジン、ウズラ卵の11目。盛りつけが雑なのは残念だけど昔の中華っぽいねえ。とにかくボリュームがすごくてあっぷあっぷでした。ここでセットメニューなんか頼んだら食べきれないかも!












福満園別館 (市場通り)

ランチメニューD 五目チャーハン+杏仁豆腐 税込650
北門通りに本店がある四川・湖南料理のお店。チャーハンの具はチャーシュー、卵、ネギ、カニの四目で、油っこくもあり私には物足りない。店員の態度がよくなく、200円で追加したシューマイが美味しくなかったのもあってマイ評価が下がりました。そういう日だったのかもしれないので今後に期待します。


新楽 (関帝廟通り)

パイコーチャーハン 税込900
間口が狭く構えが地味な上に、ランチなどのセットメニューがいっさい掲出されていないので、以前から逆に気になっていました。常連さんが多いのでしょうね。チャーハンのごはんがぱらぱらで具としっとりなじんでいるので上機嫌♪ スープがまた、往年の昭和の中華屋さんで出されていたようなタイプでうれしくなりました。汁入りの高菜そばが美味しいらしいのでまた訪れることもあるでしょう。












謝朋酒樓 (関帝廟通り)

ランチメニュー2 豚バラ肉の四川風煮込み 税込700
八角の香りが強いので中華には違いないが、素材といい見た目といいラフテーの中華版という感じ。とにかく肉がごつくて多く、これだけで腹いっぱいになります。四川料理の店でおかずも「四川風」と名乗っているけど、醤油味だしどこがなのかなと思っていたら、あとからじわじわスパイスが効いてきました。味が濃い目なので白いごはんが進む。


接筵 (関帝廟通り)

五目焼きそば 税別840
店名は「せつえん」。硬い麺にとろみのない醤油味の上ものをかけた、あまりないタイプの焼きそば(香港路の海員閣がこのタイプでした)。やや大ざっぱな感じはするもののボリュームがあり、後半上ものがなじんできて味わいが広がりました。豚肉、エビ、イカ、小柱、白菜、青菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲ、もやし、うずら卵と具のバリエーションも豊富。












京華楼本館 (関帝廟通り)

週替わりランチメニューC 麻婆茄子 税込750
香港路への入口にある四川料理店。やや疲れていたので辛いものを食べてパワーをつけよう。ひき肉とナスを強めの味つけで炒めた料理は白いごはんとの相性がすばらしいですね。辛さはほどほど(でも私はけっこう汗をかいてしまう)。デザートに杏仁豆腐がつきます。こうしてみると、中華街には四川料理のお店がかなり多くなりましたね。


三和楼 (関帝廟通り)

昼の定食D トリとカシュナッツ炒め 税込735
構えも内装も最近の中華屋さんとはかなり異なるクラシック仕様。老舗とみました。料理は薄味でしっとりと仕上げられておりこれもどこか和の感じです。ワンタンスープとザーサイつき。デザートは杏仁豆腐かマンゴープリンの選択だったので後者をチョイスしました。思ったよりもボリューミー。












華都飯店 (関帝廟通り)

ランチD 五目野菜の炒め 税込650
関帝廟通りのいちばん石川町寄りにある老舗。五目野菜って何だと思ったら、キャベツ、もやし、ニラ、タマネギ、ニンジン、キクラゲを強めの塩味+ニンニク風味で炒めた、いうところの「野菜炒め」そのものじゃん。あるいは博多風皿うどんの上もの? しかし火力のせいか中華のワザか、かなり美味しい。中華街にわざわざ出かけて野菜炒め食べるのがいいのかどうかは別にして、たまにはこういうメニューもいいよね。


興口福 (関帝廟通り)

今週ランチ2 アサリとネギ姜炒め 税込600円 ※原表記ママ
店名は「こうこうふく」。新しいお店のようです。アサリといえば味噌汁orパスタの具、せいぜい酒蒸しか佃煮しか思い浮かばず、こうして殻ごと炒めておかずにすることがあるんですね。ショウガの風味も利いていて味がしっかりしています。ただネギでなくタマネギだったのは残念。漬物は高菜。







SEASON 2につづく

このサイト中にある文と写真の著作権は 古賀 に帰属します。